和肉の格付け!ランクとブランドの仕組みがある!

 

和牛って本当に美味しいですよね!

 

今や、日本人だけでなく世界中の人が和牛の美味しさに感動し注目し始めています。

 

そんな日本が世界に誇る和牛ですが、あなたはどれぐらい和牛の事を知っているでしょうか?

 

今回は通販サイトで和牛を買うときに知っておくと役立つ豆知識として「格付け・ランクとブランドの仕組み」をお伝えしていきます。

 

 

和牛と国産牛の違いは?和牛の条件とは

 

スーパーの食肉コーナーに並んでいる牛肉には、「和牛」「国産牛」と表記してあり、外国で生まれ育った牛でも、生育期間中日本にいる期間が一番長ければ国産牛と名乗れる事になっているそうです。

 

そのうち、和牛と名乗っていいのは、次に述べる4種だけ、決められた血統・品種だけなんです。

  1. 黒毛和種(=黒毛和牛。和牛を代表するブランド牛)
  2. 褐毛和種(=褐毛和牛。高知県、熊本県が主な生産地。あか牛)
  3. 日本短角種(=短角和牛。赤身が多くヘルシー)
  4. 無角和種(=無角和牛。飼育数は少ない)

ブランド牛とは?決まる仕組みや明確な条件とは

ブランド牛って近年良く聞きますよね。

 

グルメ番組で紹介されるブランド牛はいかにも高級なお肉って感じで、お値段も高額です。

 

ブランド牛とは、各地の生産組合などによって生産地、飼育方法などそれぞれの条件を満たしたうえで、ブランディングさ、販売されている牛肉の事

 

松阪牛、神戸ビーフ、近江牛など日本を代表する高級和牛も当然ブランド牛です。

 

日本の各地で多くのブランド牛が生まれています。

 

日本三大和牛と呼ばれる三種の牛肉の定義を見れば、ブランド牛とは何かがよくわかっていただけると思います。

 

\こちらの記事をチェック!/

 

お肉の格付けやランクの仕組み!等級の決まり方

 

焼肉屋の店頭に、「当店は、A5ランクのお肉だけを扱っています」と表示されているのを良く見かける様になりました。

 

A5ランクの意味がわからなくても、そんな風に書いてあれば、高級そうに思えてしまいますよね。

 

その「A級」や「5等級」などのアルファベットや数字が何を意味するかご存知でしょうか?

 

「A5ランク」とはどういうことを意味しているのか?

 

これは(社)日本食肉格付協会が決める、牛肉のランク=格付けです。

 

ランクは、最下位のC1から最上位のA5まで15段階に分けられています

 

歩留まり等級

【A〜Cのアルファベット】
枝肉の歩留まりによって3段階に格付けされます。

 

つまり、食べられる部分の割合が多ければAになり、C→Aになるにつれて格付けが上がります。

 

肉質等級

【1〜5の数字】
サシの入り方、肉の色、質感によって5段階に格付けされます。

 

1→5になるにつれて格付けが上がり、A5が最上位ということになります。

 

A5は食べられる部分がたっぷりで、きれいなサシ、赤身・脂身がしっとりとした肉で、美味しい肉いうことになります。

 

A5ランクだけが最高品質?A5は美味しいは間違い

普段から食品をスーパー等で購入される方なら、A5ランクの牛肉と聞いたら、最高品質の牛肉だと知っています。

 

つまり「A5ランク」とは最高品質のお肉に与えられる格付けだと思っていますよね。

 

では、A5ランク以外の牛肉は、おいしくないということでしょうか?

 

味覚は人それぞれですから、サシが細かく入っている方を美味しく感じるのか、赤身が多い方を美味しく感じるのかは人によって違います。

 

一方、A5ランクもB5ランクも、肉質の等級は同じなので、B5ランクの牛肉ならお買い得です。

 

格付けは確かに一つの判断基準にはなりますが、こだわり過ぎると美味しいお肉をお得に購入することができません

 

TPOや肉質の好みに合わせて柔軟に判断していただくと、美味しくてお買い得なお肉を見つける事ができますよ。

 

まとめ

牛肉にまつわるブランドの仕組み、ランクの意味について解説をさせていただきました。

 

格付け!ランクとブランドと仕組みがわかれば、牛肉選びが楽しく賢くできるはずです。

 

ぜひ、美味しい牛肉をお得な価格で購入してくださいね。

 

 

 このエントリーをはてなブックマークに追加